みちのく潮風トレイル第2回【釜石市】

トレイル

みちのく潮風トレイル第2回は釜石市です。

第1回の【山田町】はこちら↓

4月上旬の日曜日に行ってきました。

釜石市の1日コース、距離は約13.5kmに挑戦しました。

なぜ今回、釜石市にしたかというと、

①岩手県内で近いということ

②ルートの中に桜並木があったからです。

ちょうど桜が見頃だったので、今がチャンス!と思い釜石市に決定しました。

結果として、初心者には釜石市のルートはオススメしません。笑

林道を通るのですが、私たち夫婦には難しすぎました。

みちのく潮風トレイルで【釜石市】に行こうと考えている人の参考になれば嬉しいです。

みちのく潮風トレイル【釜石市】計画

みちのく潮風トレイル【釜石市】のマップにある1日コースで挑戦することにしました。

距離としてはおよそ13.5kmです。

釜石駅~唐丹駅まで向かうようになっています。

地点ポイントは以下を目指し進むことにしました。

①釜石駅

②鉄の歴史館

③三陸浜街道・石塚峠

④測量の碑・星座石

⑤本郷の桜並木

⑥唐丹駅

ルート通り、釜石駅からスタートして、唐丹駅でゴールして三陸鉄道で釜石駅まで戻るようなルートです。

車は「シープラザ釜石」に駐車することにしました。

24時間最大500円の駐車場です。

マップの所要時間には約4時間30分と記載されているので、初心者ということから6時間かかると考え、8時スタート14時ゴールを目指しました。

1回目の山田町がすんなり進んだので今回も大丈夫だろう、終わりには桜をゆっくり見たいな~なんて呑気に考えていました。

みちのく潮風トレイル【釜石市】実際に歩く

出発

奥州市を6時20分に出発。

釜石駅までおよそ1時間30分かかります。

今回も朝食購入のためにコンビニに寄ってしまいました。

出費を抑えられるところは抑えたいと前回も言っていたのに。笑

次回は必ずおにぎりを家で握っていく…!

2人とも、おにぎりとカフェラテを購入しました。

釜石駅へ車を走らせます。

7時50分頃、シープラザ釜石駐車場に到着。

靴を履き替えたり、準備を済ませ出発。

釜石駅

8時釜石駅スタート!

駅前にはラグビーのオブジェや、ミッフィーカフェの標識のようなものがあります。

「鉄と魚とラグビーの街」

どんな街なのか分かりやすいです。

マップを見ながら「鉄の歴史館」を目指します。

釜石のマンホールはこんな感じです。

開始早々驚きました。

川辺に野生の鹿がいる!

最初はオブジェかな?と思っていたのですが、よく見たら動いています。

びっくりしました。

その後30分ほど歩き、道を間違えました。

右に曲がらないといけない場所で曲がらず、進んでしまったのですが車が入れるトンネルしかありません。

一旦戻り、軌道修正。

ここで右折するのが正解です。

そこからは坂道が始まります。

ここでまず辛くなってきました。

30分ほど坂道を進み、標高150メートルほどの場所に展望台がありました。

ここで一旦休憩しよう!と展望台に入りました。

なんと絶景が広がっていました!

海と桜のコントラストがすごく綺麗で一瞬で疲れが吹っ飛びました。

今まで見た桜の中で一番綺麗と感じました。

しばらく2人で写真撮影してました。笑

景色に感動し、再び「鉄の歴史館」へ。

10分かからずに到着しました。

鉄の歴史館

9時40分、「鉄の歴史館」に到着。

釜石駅から約3.4km、1時間20分かかりました。

遠くから見てもすぐに分かる建物なので、分かりやすいと思います。

「三陸浜街道・石塚峠」を目指します。

ここからは暫く下りの道なのでわりと歩きやすかったです。

途中、コンビニに寄ると「釜石シーウェイブス」の文字が見えました。

街で応援している感じがして素敵ですね。

「平田総合公園」の看板が見え、暫く歩くとここからが大変でした。

この道を見た時の不安はすごかったです。

「みちのく潮風トレイル」の標識がありました。

今回、この標識にだいぶ助けられました。

こんな感じの道です。

工事中だったのか?道が削れていました。

崖のようになっていて怖いので下は見ないように歩きました。

崖を通り切り、林道へ。

キツネやたぬきを発見しました。

今回、野生動物をたくさん発見しました。

クマがいてもおかしくないですね。

クマ対策、しっかりしないといけません。

「みちのく潮風トレイル」の標識を目指しながら林道を登っていきます。

かなり急な坂道で、登るのはとても大変です。

戻るにも戻れない状況です。

ひたすら前に進みました。

三陸浜街道・石塚峠

12時、「三陸浜街道・石塚峠」到着。

「鉄の歴史館」から約5.3km、2時間20分かかりました。

ここで昼食を取ることに。

「ウクライナの椅子」を持ってきていたので使用しました。

疲れていても簡単に組み立てができて、しっかり休めて大活躍です。

「ウクライナの椅子」について詳しくはこちら↓

今回はお弁当を準備してきていました。

自分で作ったのに、疲れのせいかすごく美味しく感じました。

30分ほどしっかり休憩し、再び進みます。

ここからは下りです。

木々に癒されました。

小川があったりします。

石が多いので少し歩きにくいです。

履いていたアルトラの靴のおかげで、横滑りなどは軽減されたような感じがします。

アルトラの靴についてはこちら↓

ひたすら標識を目指し進みました。

測量の碑・星座石

13時38分、「測量の碑・星座石」到着。

「三陸浜街道・石塚峠」から約1.6km、1時間38分かかりました。

だんだん人が増えてきたなと思いながら進んでいると見えてきました。

本郷の桜並木

13時45分、「本郷の桜並木」到着。

「測量の碑・星座石」から約0.3km、7分ほどかかりました。

桜、すっごく綺麗だったのですが、私的には展望台の桜の感動には届きませんでした。

桜を見るなら展望台の桜を推します!

ここで一本の電話がかかってきて、私のテンションが下がってしまいました。

メンタルトレーニングも必要だなと感じました。

それからトレイル中は電話には出ないようにしようと決意しました。

テンションが下がったまま、ゴールの唐丹駅を目指します。

ちょっとした林道を通り、上に上がっていくと綺麗な景色が見えました。

テンションが上がりました。

自然の力はすごいなと思います。

気持ちが戻ったところで、暫く歩きます。

唐丹駅

14時45分、「唐丹駅」到着。そじてゴール!

「本郷の桜並木」から約2.9km、およそ1時間かかりました。

釜石駅を8時に出発したので、約13.5kmをおよそ6時間45分かけて歩きました。

予想より45分遅くなりました。

次の電車まで1時間ほど待ちました。

自販機があったので、温かい飲み物を飲みながら待っていました。

三陸鉄道に乗って釜石駅へ。

鉄道に乗っている時は、景色を見てあんな上まで登ったんだな~と感慨深くなっていました。

初めて三陸鉄道に乗ったのですが、駅員さんがとても優しく、景色も桜が近くで咲いていたりと綺麗で素敵な鉄道だなと思いました。

15分ほどで釜石駅に戻ってきました。

16時13分、釜石駅到着。

無事に戻って来れた!という気持ちが大きかったです。

トレイルで使用した金額

今回みちのく潮風トレイル【釜石市】で使用した金額を算出しようと思います。

✔️朝食のコンビニ 866円

✔️三陸鉄道「唐丹駅」→「釜石駅」 620円(310円×2人分)

✔️駐車場代 500円

✔️帰りのガソリン代 5676円

合計 7,662円

今回は昼食にお弁当を持って行ったのでそこまでお金を使いませんでした。

次回こそ朝食におにぎりを握って行こうと思います。

【釜石市】トレイルで感じたこと

今回のトレイルで感じたことは2つあります。

トレイルを舐めていた

林道を通るのは初めてだったのですが、初心者にはすごく辛かったです。

坂道も辛く、体力をもっとつけないといけないと思いました。

トレイル用の靴を履いていたので、だいぶ歩きやすかったと感じます。

靴は大切だと実感しました。

途中、野生の動物に遭遇したりして、動物対策の勉強もしないといけないと思いました。

これから知識をもっとつけて行こうと思います。

景色が最高

桜が見たいと思い選んだ釜石市。

展望台の桜が本当に絶景で毎年見にきたいと思うほどです。

海と桜の組み合わせがあんなにも綺麗だなんて、内陸育ちの私は知りませんでした。

釜石ルートを春に挑戦する人は、ぜひ展望台の桜を堪能してほしいと思います!

林道の木々や上から見えた街の景色なども素敵でした。

釜石ルート、正直なところ初心者にはおすすめできません。

ただ、今回挑戦してトレイルについて前よりも知れた気がするし、成長できた気がします。

まとめ

みちのく潮風トレイル【釜石市】、いかがでしたでしょうか?

終わってみて、怪我なく無事に終えることができてよかった、大変だった、という気持ちと、絶景を見れたりお弁当を美味しく食べれたり楽しかったという気持ちが入り混じって不思議な気分です。

トレイルに関して、少し成長できたのではと思います。

次回は高低差のあまりない場所を選びます!笑

コメント

タイトルとURLをコピーしました